色を愛する

本質派コスメ カラフルオーガニック代表のつぶやき

養生中の食生活【カラフル和食】

頭で食べている からの続きになります。

 

アトピーの話とお肌の話の前に、実際の食事について書いておきたいと思います。

 

食事は、ご飯、漬け物、お味噌汁、青菜、和のおかず1,2品をベースに3食を食べ、1週間21食のうち、外食は1回程度。美味しい天ぷら屋さんやオーガニック系のお店開拓が、もともと趣味だったけれど、さらに楽しくなりました。たまの天ぷらはありましたが、それ以外は小麦はゼロ。うどん、パスタ、ピザ、パンなどは半年間、完全にお休みしました。お肉やお魚は、良質なものを選んで、たっぷりのお野菜や薬味と一緒に、美味しくいただいていました。

 

f:id:colorfulorganic:20200908113140j:plain

楽しくやるために、カラフルなお盆や小皿を買いました笑

おやつは、干し芋、レーズン、昆布、たまに煮リンゴ。砂糖を使用したお菓子(てんさい糖使用などの自然派お菓子もすべて)は完全にやめてみました。乳製品も完全にお休み。飲み物は基本は三年番茶。ジュース類は、人参ジュース以外は全部お休みして、紅茶や、ハーブティは、月2,3回くらい、たまにいただいていました。美味しい三年番茶が、これほど美味しいものだとは知りませんでした。この半年間、今まであまり使ったことのない食品、食材、調味料との出会いがたくさんあって、黒酢、お醤油、たんぽぽ珈琲など、本当に美味しいメーカーのものを教えていただき、本当に美味しいものはこんなにも美味しいんだ!と何度も感動がありました。知らないってなんて残念!そんなことも思いました笑 その感動があったおかげで、今まで大好きで何十年もずっと食べ続けていたチョコレートを食べないでいることも、まったくといっていいほど、苦になりませんでした。【やめた美味しいもの<新しく知った美味しいもの】という感じでしょうか笑

 

とはいえ、最初からこういう食生活を覚悟して半年間のコンサルを申し込んだわけではありませんでした。もちろんある程度の制約は受け入れてがんばろう、という気持ちは持っていましたが、私の身体の状況に適した食べ方は、コンサルが始まってからより詳細に分かってくるし、そのような食べ方をする理由や、そのことによって見られる効果や改善すること、などを話していくうちに、自然と気持ちが固まるというか、無理なく受け入れられる流れで、このような形になりました。このあたりは師匠の手腕なのだと思います。実は最初の1ヶ月は、お菓子として2,3日に1回、【おはぎ】を食べていましたが、2ヶ月目からそれもなしでいけるようになりました。
 

「続けるのがつらい」という風になってしまったら、やはりしんどいと思うのですが、美味しいものに対する感動のほかにも、初期、中期、後期と幾度かの嬉しい身体の変化や改善があったこともあって、一度も「辛い」と感じることはありませんでした。それに、私が「褒めて伸びるタイプ」だと知ってか知らずか、師匠がたくさん褒めて伸ばしてくれまして、いい気持ちで続けることができていたんです。
 
それに、前の記事にも書きましたが、こういう食べ方をしているうちに、味覚がどんどん繊細になってきて、たまに試しに飲んでみるリンゴジュースでさえ、「甘っ!」と感じるようになり、次第に、以前欲していたような甘さを欲しなくなってきた、というのもかなり大きいと思っています。

 

そんな中でも、月1回ほどのお楽しみとしているものがあるのでご紹介しておきます。

About | Premarché Gelateria プレマルシェ・ジェラテリア

★自然食屋が、そのノウハウの全てを注ぎ込んだ京都のジェラート
★イタリアジェラート協会 国際コンテスト3年連続複数部門受賞
★正統イタリアン・ジェラートでありながら、和素材を生かしている
★合成乳化剤・合成安定剤、合成食品添加物は一切不使用
★日本最大級のヴィーガン、ノンミルクジェラートの品揃え

京都と中目黒に店舗、通販もありますので、ぜひ一度ご賞味ください。回し者ではありません。本当に美味しくて感動したので!

 

ちなみに、前の記事にも書いている通り、ここに書いた食事内容は、私の身体の状況に合わせたものになっていますので、師匠のコンサルは誰でも皆この食事内容、というわけではありませんし、またこの食べ方をして、皆さんが私と同じ変化を得られるわけではないこと、ご承知おきくださいませ。

 

すみません、アトピーと肌の話に辿り着きませんでしたが、いよいよ、お肌も含めて、次回、「幾度かの嬉しい身体の変化」について、書いていきたいと思います。

 

 

やる気はフィジカル問題?そして私と娘のお肌

につづく。