色を愛する

本質派コスメ カラフルオーガニック代表のつぶやき

歴史を知らないままでは死ねない

学校で習う歴史というのは、
それが「唯一無二の真実」というわけではなくて、
数多く存在する歴史観、解釈の中のひとつである、
ということを、35年以上も生きてから知りました。


なぜ、最近「歴史」に注目しているかというと、
歴史は「進学に必要な教科のひとつ」ではなくて、
日本人が日本人であるために必要な、
「日本語」と同様に、大切なもの、日本人の魂だと思うからなのです。


教育の中で、どのような歴史観を教えていくか、
ということは、日本人が日本人であるために、
日本人が日本人として成長していくために、
非常に重要なことだと思うのですが、
やっぱりそこには「意図」が存在している。
それはどの国であってもそうです。


世の中の出来事、世界の出来事を考察するにしても、
歴史を知らなければ、その出来事を真に理解することはできません。
ネットニュースなど表面をなぞっていても、なんの考察も生まれませんし、
むしろ情報の溢れる現代では、
表面にとらわれて本質はどんどん見えにくくなっていきます。

日本はどうするべきか、自分はどう生きて行くべきか、
子どもをどう育てるべきか、
そういった命題へ、なんの示唆も与えてはくれません。


日本人として、歴史を知らないままでは死ねない。
人の親として、歴史を知らないままでは、育てられない。
事業者として、歴史を知らないままでは、活動できない。


そう思いました。

 

もちろん、学校でやるべき歴史はひととおりやりました。
でも丸暗記です。大学受験に向けて歴史の勉強をしていたとき、
違和感だらけでした。言葉にならないモヤモヤと「?」を抱えながら、
仕方ないので丸暗記に切り替えました。


今になって、その違和感の正体がようやくわかったのです。
長年の便秘が解消したかのようなすっきり感でした。
そして、力が湧いてくるような感覚でした。


言説は多数あります。
立場の数だけ史実も存在するのかもしれません。
しかし、どれを信じるのかは、個人の自由です。


わたしは自分の信じる歴史を、
子どもにも伝えていきたいし、わたし自身の人生の指針、
在り方の指針にもしていきたいと思っているのです。

 

f:id:colorfulorganic:20181014111751j:plain

 

 

1日限定店舗10月の予定

 先日、1日限定店舗、開店いたしました。

f:id:colorfulorganic:20181005174231j:plain

f:id:colorfulorganic:20181005174240j:plain

 

1週間前のお知らせだったにも関わらず、たくさんのお客様がお越しくださいました。ありがとうございました。

 

f:id:colorfulorganic:20181005174248j:plain

 

f:id:colorfulorganic:20181005174547j:plain

 f:id:colorfulorganic:20181005174801j:plain

東急東横線大倉山駅徒歩2分 花屋&カフェ ラ・プティフルール内 横浜Tiny room
 

次回は10月29日(月)10時30分~15時00分 で開店いたします。

カフェメニューも充実しているお店です。

どうぞ、お気軽に遊びにいらしてくださいね。

  





 

誰も病まない、誰も疲弊しない、それが美しさとなる

 

綺麗に装っているけど、内側は疲弊している。
綺麗に見えるけど、内側は病んでいる。
綺麗だけど、どこかに無理がかかっている。
それでも、綺麗に整ってるように見せなければいけない。
食品も化粧品も、そのほかの商品も、そして人間も。
 
そういうものが溢れていた時代はもう終わりです。
 
誰も疲弊しないもの、どこも病まないもの。
すべてが調和できるもの。
それが美しいなと私は思います。

 
身体も皮膚も、病みません。 
製造会社も、カラフルオーガニックも、
製造の過程で誰も病みません。疲弊しません。
もちろん地球もです。
 
それが真の「オーガニックコスメ」ではないでしょうか。
 


真珠粉は、形状の点で商品にはできないものを、
廃棄するのではなく、細かく粉砕しパウダー状にした真珠100%です。 
パウダーですけどね、乾燥知らずです。
お肌を内側から明るく滑らかに見せてくれるし、
使い続けるうちに本当に素肌が滑らかに整ってきます。
あれこれしなくても、自力で美しく整うように、
お肌自身がそうなってきます。
 
ぜひ、そんな「調和」を感じていただきたいです。
細胞と調和するファンデーション。
調和は本当にパワフルです。
「無理」がないので、相乗効果が凄いのです。
 

colorfulorganic.stores.jp

※毎日使って、2ヶ月~2ヶ月半、お使いいただけます。

f:id:colorfulorganic:20180926111955j:plain

 

 

 

1日店舗開店&クレイ講座開催

カラフルオーガニックは、オンラインショップがメインで、
その他、都内近郊のセレクトショップやサロンさんでお取扱いもございます。

 

そうはいっても、わたし自身がなかなかお客様とお会いする機会もなく、

お客様にとっても、実際試したりできる場所が限られているということで、

月に一度、店舗を開店することと、同時にクレイ講座も開催することを決めました。

 

日時 店舗10月2日(火)10時30分~15時00分
   クレイ講座 11時00分~12時30分
  (参加費:初回特別価格4,000円)
場所 東急東横線大倉山駅徒歩3分Tiny room 
横浜Tiny Room 多目的レンタルスペース(花屋&カフェ ラ・プティフルール内)

 

f:id:colorfulorganic:20180925105729j:plain


カラフルオーガニックのアイテムすべてをお持ちしまして、お買物いただけます。

もちろん各アイテムお試しも可能です。
お肌に合うか心配、色味を見たかった!という皆様、ぜひ遊びにいらしてくださいね。
10時30分~15時00まで、開店しています。(お会計は現金のみとなります)
どうぞぶらりとお立ち寄りください。
 


11時00分~12時30分は、同じ場所でクレイ講座を開催します。
クレイの使い方、ブログや説明を読むだけではなんとなく不安。実際に話を聞いてみたい、使い方これで合ってるの?という皆様、ぜひいらしてください。実際にペーストを作って、一緒にパック体験します。
初回特別価格で、参加費4,000円。
こちらは事前予約制になります(次回から5,000円になります)。
ご希望の方は、colorful.organic@gmail.com までご連絡ください。

(お名前、メールアドレス、お電話番号をお知らせください)


 

Tiny roomは、花屋&カフェのラ・プティフルールさんのお店の一角にあります。
魔女の宅急便のようなお花いっぱいのスペースを通り抜け、その奥にTiny roomがあります。
 

f:id:colorfulorganic:20180925105712j:plain

f:id:colorfulorganic:20180925105747j:plain

ランチは、カラダに優しい発酵プレートや、お野菜たっぷりのバランスメニュー、美味しいハーブティがいただける、素敵なお店です。どのメニューもかなり美味しいです。
 

f:id:colorfulorganic:20180925105750j:plain


ぜひ遊びにいらしてください♪
11月以降の予定は、決まり次第お知らせいたします!
 

f:id:colorfulorganic:20180925110339j:plain

将来役に立つことをやるべきなのでしょうか

 

子ども時代って、将来仕事を得て社会貢献&納税する人間になるための、訓練期間なんでしょうか。

 


実際は、いろいろな経験や学びを経て大人になり、結果的に子ども時代の学びや経験が、役に立つというのは事実ではありますが、では、逆算して、「将来役に立つことをやる」のが子ども時代なのでしょうか。

 


もちろん、役に立つことをやるのはいいのですが、
「役に立つことのみをやる(役に立たないことはやらない)」
「役に立つことを最優先してやる(それ以外は切り捨てる)」
というのは、どうなのでしょうか。


そもそも「将来役に立つか立たないか」って、それは周囲の大人が判断できることなんでしょうか。本当に。


「将来役に立つか立たないか」なんて、時代によっても変わりますし、国や地域によっても違います。


周囲の大人が「将来役に立つ」と判断したことだけをやらせて、それ以外のことは、わがままと取られたり、サボっていると取られたり、遊んでいると取られたり、大切にしてもらえなかったりする。すなわち価値を認めてもらえない。


最近、「役に立つ(と思われる)こと」をやらせることへの力が、非常に強まっていると感じます。見えない圧が強まっています。


現代の子どもたちの見えない辛さや、日本社会の息苦しさの原因は、こういうところにもあるのではないかな、と思うのです。

 

 

探している人だけが見つけられるもの

金箔を使った新ラベルが完成しました。

f:id:colorfulorganic:20180912173446j:plain

デザインは、(株)アールスケッチさん。
いつも、カラフルオーガニックの世界観をドンピシャに表現してくれる、
凄腕のデザイナーさんがおられます。

もし、ラベルはシンプルなもので!1色で!

などと言われたら、わたしは化粧品は作らないと思います。
それくらい、「素敵な素敵なラベルの化粧品」を作りたかった!
 

f:id:colorfulorganic:20180912173451j:plain

 

ホーリーバジル化粧水 秋冬は、こちらの新ラベルにて再登場です!

秋冬バージョンは、ホーリーバジルの薬効(美白・抗ストレス作用、魔除け作用(!))に加え、天然の保湿成分ポリグルタミン酸をプラスした(保湿力はヒアルロン酸の10倍ともいわれています)天然贅沢仕様となっております。

 

このレシピには、製造会社の社長さん(化学専攻で修士卒、無農薬の自社畑を有する)の手腕も加わっています。化学の論理と、オーガニックの世界、両方を自由に行き来できる人ですからね。
 
この中身ですと、通常のマーケティング的には、1万円くらいで売られるのかもしれません。これは誇張でもなんでもなく。大企業の場合は、仕組み的にそうなるでしょうね。カラフルオーガニックでは4,400円(税込)です。あるところにはあるのです。
 
わたし自身も最近は買い物の仕方が変わってきていて、そういう探し方をしています。あるところにはあるのです。探している人だけが見つけることができます。

こういうことに気づく人が増えていけば、見せかけの経済に一喜一憂することもなく、無駄な経済の肥大化もなくなり、経済偏重の世界も縮小していくでしょうね。
 


今書いていて気づいたんですが、カラフルオーガニックのアイテムは、そういう新しい世界観というか価値観の象徴みたいなものだと思うのです。

 
お肌も少しずつ秋冬仕様に。ぜひお役立てくださいね。

 

生命の樹と真珠と椿のオイル、クレイと真珠のファンデーションも、

現在の在庫がなくなり次第、新ラベルの商品に切り替わります。

 

f:id:colorfulorganic:20180912173459j:plain

 

colorfulorganic.stores.jp

 

 

 

新しい生き方「オーガニック」

今日は日本の「オーガニック」を取り巻く環境について、考察したいと思います。

 

 オーガニックコスメや、オーガニック生活、というようなことを2011年頃から発信してきて、また、オーガニックコスメの開発・販売をしてきて、それに対して、本当にいろいろな反応があることを感じてきました。「オーガニック信者」がいたり、また「アンチ」がいたり、「こだわりすぎ」だとか「ゆるく」だとかいう論争があったりと、「オーガニックは良い」という同じ結論も持ちながらも、なぜか論争が巻き起こっている、そういう状態をたくさん見てきましたし、経験もしてきました。それはなぜだろう?ということをずっと考えていました。

 

f:id:colorfulorganic:20180817154157j:plain

 

 

 オーガニックは、一般的には、「身体やお肌にいいもの」というようなイメージです。しかし、いざオーガニックな生活をしようと思うと、まず商品の価格が高い!という壁にぶち当たり、そこでオーガニックを諦めてしまうケースも多いですね。

 でもそこから、高いのはなぜだろう?と考えていくと、生産者、日本の農業の問題に辿り着きます。なぜ、人間が作った薬を使わないと作物を作ることができないのか。昔は農薬などなかったはずなのに・・・

 


 そう考えていくと、不揃い野菜や虫食いの野菜は売り物にならないという現状であったり、流通の仕組みであったり、結果としてオーガニックで作物を作り流通に乗せる難しさ、添加物を減らして流通に乗せることの難しさ、そして、日本で許可されている農薬や添加物の種類の圧倒的な多さ、農薬使用量が世界ベスト3であること、大量生産大量消費の問題、多国籍企業の世界的な広がり、地球環境の問題、そこまで辿り着くことになります。これは、疑問に思うことを調べてゆくと、自ずと、芋づる式にそうなります。

 


 軽い気持ちで、「オーガニック」という実を引っこ抜こうとすると、
こんなに長く深い根っこが、ドロドロと出てきてしまいます。一見、日常生活には関係ないことばかりで、考えたくもないことばかりかもしれません。ドン引きだし、もうオーガニックなんて面倒くさいこと言わずに楽しく暮らしたい!そう思うかもしれません。

 

「オーガニック」は根っこがとても深い。 
  

  

今の日本は、「経済優先」の思考が浸透しています。これは、日本の高度経済成長を支えた戦後日本人の思考でもあるのですが、生産性ばかりを重視するあまり、その弊害として、人の心であったり、カラダに良いもの、地球に良いものを選ぶ、という当たり前で大切なことが、何十年も置き去りにされてきたという現実に気づき始めたのが、3.11以降なのではないでしょうか。


 しかし経済優先の社会は未だ続いていて、不景気も続いていて、人々の健康よりも、企業の論理や経済の方が優先される社会では、コストがかかり、利益率の低いオーガニック製品を作ったり、または高いオーガニック製品買ったりしていくことは、ある意味「少し変わった」ライフスタイルという位置づけになってしまうのかもしれません。あるいは、オーガニックは、アレルギーやカラダの不調に悩む、一部の人のもの、というイメージもあるかもしれませんね。

 

  ただ、そんな日本を尻目に、世界的には大きな流れが起こっています。
日本ではあまりニュースになっていませんが、これは大きな大きな流れです。

 

 1830年代にイギリスで始まった産業革命以降、「工業品」の「大量生産モデル」が確立され、それは世界中に波及し、莫大な富を生み出しました。それから約200年。今度は、そのモデルによって失ったものを、取り戻す動きが始まっているのです。

農薬も添加物も、遺伝子組み換え作物も、プラスチックも、人間を含めた生き物、生態系を壊すものは、使わないようにしていこう、という流れです。個人的な流れではなく、国家としてそのような国家運営をしていこう、という大きな流れです。

 

たとえば農薬

ネオニコチノイド農薬:各国の規制状況

ネオニコチノイド系農薬は、生態系を破壊する毒性の高いものとして、近年、世界各国で規制が進んでいる農薬です。



たとえば遺伝子組み換え作物
EUもロシアも、遺伝子組み換え作物を締め出しています。

eigokiji.cocolog-nifty.com


たとえばプラスチック。

www.tokyo-np.co.jp

海洋に投棄されるプラスチックは、海の生態系を壊し、海洋生物を食する人間にも影響が及ぶことが分かっています。世界各国がプラスチックを規制し地球環境を守ろうとする流れの中、プラスチックの排出を規制する国際憲章への署名を、日本は拒否してしまいました。

 

 現在、日本で病気が増えていることも、こういった問題に対する日本の対応の遅れや、緩い規制、経済優先の政策、その政策の下で、日本で作られる食べ物や商品の成り立ちと無関係ではありません。

 2020年の東京オリンピックでも、各国の選手が食べる食事の食材を、日本では基準を満たすものが調達できない(足りない)ということで、問題になっていますが、日本の残留農薬基準は、世界的に見て非常に緩い、これは日本人が知らない日本の話です。

  
 

日本人の、「オーガニック」に対する戸惑いや拒否反応のようなものは、国レベルでも個人レベルでも、「経済優先でやってきた成功思考」を転換しなければならない、ということに気づいてしまい、それに対する無意識の抵抗なのではないでしょうか。経済優先の価値観は、高度経済成長を成し遂げたという日本人の成功体験とともに、その人の人生観となって、その人自身に染み込み、その価値観に基づいて、日々の選択、人生の選択をしているわけです。「オーガニックという考え方」を受け入れるには、そこを変えていかないといけないわけですから、抵抗感も持つし、受け入れるには時間がかかることなのかもしれません。

 

 そう考えると、「オーガニック」はひとつの「在り方」でもあり、「生き方」でもあると言えるのかもしれません。

 
 オーガニックブームによる、「なんだか楽しそうで美味しそうな」オーガニックでもよいと思います。でも、「オーガニックの本当のところ」知るには、オーガニックの根っこの部分を知る必要があるし、考えていく必要があると思っています。そこを抜きにして、オーガニックがいい、悪い、という話は、できないのではないかと思うのです。 

 

 日本人は、社会問題、環境問題、政治問題を語ろうとすると、どうしてもイデオロギー論争(右だとか左だとか)になり、思考停止してしまい、本質的な議論が深められていないのが現実だと思います。オーガニック論争は、そういったデリケートな問題もはらんでいて、取扱いがなかなか難しい。

  


 しかし、そんな日本でも、消費者の健康を考えたものを作って売る、お肌に良いモノを作って売る、そして、地球に優しいモノを作って売る、という企業や農家さん、事業者が、ここ数年、じわじわと増えてきていると感じています。カラフルオーガニックももちろんその中の一員のつもりです。そして、そういうものを支持する人たちも増えてきている。作る人も買う人も増えている。すなわち、オーガニック市場が拡大している。ということです。 

 

 「オーガニックが儲かるからやる」という事業者は、今後は淘汰されていくと思います。「オーガニック」は新しい「在り方」だからです。個人レベルでも、自分だけが健康になればいい、自分だけが美しくなればいい、というレベルではなく、「地球の一員として、オーガニックを選ぶ」という、大きな視点が必要になってくると思います。

 

 私自身、そしてカラフルオーガニックは、そんな在り方を、今後も追求していきたいと思っているのです。

 

 そして、日本人が「オーガニックという生き方」に戸惑い、迷ったり苦しんだりしながらも、少しずつ受け入れていく、また自ずと浸透していく、今現在のこのプロセスは、後に、日本の歴史的に大きな大きな転換点となる出来事として、認識されていくであろうと思っているのです。