色を愛する

本質派コスメ カラフルオーガニック代表のつぶやき

赤ちゃんの日焼け止めから考える

以前運営していたブログからの転載です。
(2015-05-11 )

*************************

 

最近は、赤ちゃんも2ヶ月からの日焼け止めをおすすめしているところが多いらしい。



                              (10ヵ月の時のM嬢)

うーむ。と思っております。

巧妙にお母さんを不安にさせる記事、あれはよろしくないです。

これは個人的な経験から想っていることですが、

肌が弱い場合はとくに、「何もしない」がとても大切なこともありますね♪




「○○をしないとお子さんの病気のリスクが高まりますよ」

といわれれば、どんな母親でも不安になるのは当然です。

ただ、今の世の中、商品を販売するために、

そのように書かれたものは、本当にたくさんに存在しますから、

それらに振り回されていると大変です。

あれを買っても不安、これを塗っても不安、塗らなくても不安!




「ほんとにそうなの?」

これからの時代は、そうやって考えることが必要なのかもしれません。



最近、こんな本を読みましてね。




ここに興味深いことが書いてありました。


「何事も、自分の頭で正しいかどうかを判断するためには、

判断の対象となるものだけを直接的に知るだけでなく、その周辺の物事の理解が必要です。

最近の学生はよく「それが何の役に立つのですか?」

と聞いてきますが、直接的に関係することだけしか覚えないと、

どうしても「指示待ち人間」になってしまいます。」


            (『大麻ヒステリー』 武田邦彦著 より)



そうなんですよね。

化粧品も、この成分はいいのかどうか?だいじょうぶなのかどうか?

それだけを問題にしていても、解決しないことが多々あって、

行き詰まったことが何度もあります。




「だいじょうぶなのか、ダメなのか、誰かに決めてもらいたい」

「誰か」とは、すごい肩書きの人だったり、有名な専門家だったりするわけですが。

考えなくていいのでラクですが、これだと、情報に振り回され続ける人生になりますね。




遠回りでも、自分自身で探し出して掴んだ答えは、

絶対にブレませんし、裏切りません
キラキラ



化粧品の商品化を進めていく中で、最近、身に沁みて感じていることです。

 

 

 

 

colorfulorganic.stores.jp