色を愛する

本質派コスメ カラフルオーガニック代表のつぶやき

製造会社打合せと新作準備

カラフルオーガニックの製品を作ってもらっている製造会社と打合せのため、日帰り長野出張でした。今日の長野は雪、というか時折吹雪き。

 

オーガニックコスメって、やっぱり難しいところもあって、天然の原料を使いつつも、販売していく以上は、どこまでの機能性や、強度、保存性を出せるか、という挑戦がテーマとしてあります。「手作りコスメ」の時には問題にならなかったことが、販売するとなると問題になることも多いのですね。そこにはやはり、化学的な知識や生物学的な知識があると非常に強いというか、「天然の原料を化学的に理解する」ということが、「自然」を最大限に生かし、そして機能性や使い勝手も兼ね備えた商品作りには欠かせないわけなのです。その点、化学分野で修士号を持ち、同時に自社の無農薬畑も有し、オーガニックと化学を縦横無尽に行き来できる社長さん、そしてこの会社さんの存在は、非常にユニークで素晴らしいなと思っているのです。


帰りのバスで立ち寄った双葉SAから、富士山の絶景が見えました。
芽吹き前のエネルギーに満ちた枝たちも美しいです。

f:id:colorfulorganic:20190314140309j:plain

 

1年近くの時間をかけて、強度や発色など実験していましたが、ここにきてようやく完成が見えてきた、新作・クレイのアイカラー。

 

f:id:colorfulorganic:20190314135934j:plain

基材はクレイのみ、色材は、ミネラルを主成分とした色材を使用しています。
固形のアイカラーとしては、数あるオーガニックコスメの中でも、非常にナチュラル度が高く、それでいて発色が綺麗なアイカラーであるといえます。


基材の選定、配合、カラーの選定、調合も、すべてわたし自身で行い、
製造会社社長さんから、薬機法(旧薬事法)の観点、社長独自の観点から、化粧品としての安全性・保存性の点でお墨付きをもらう、という形で進めてきた商品です。 


イカラーは、古い読者の方はご存知だと思いますが、以前は、「手作り講座」を開催していました。そこから商品化していくことになったわけですが、化学物質を使わない中での固形の強度の問題、パウダータイプは容器の問題、ロット(製造数量)の問題、本当に5年くらい悩んできました。世の中はまだまだ大量生産モデルがスタンダードだと思わされることも多くて、立ち止まったり、足踏みしたり、みたいなことが続いていました。そんな中でも、少しずつご縁がつながり、製造会社さんと出会い、パッケージの会社さんと出会い、少しずつ理想に近づくことができました。
 

クレイのアイカラーは、アイカラーだけでなく、チーク、眉メイクにもお使いいただけるため、 ピンク~オレンジ、ブラウン~ベージュ系の色数を増やしました。

(眉メイクに使える筆もご用意したいなと思っています)
 
この全20色のアイカラーの中から3色をお選びいただき、今回開発した、オリジナルのメイクパレットにご自身でセットしてお使いいただける仕様でお届けしようと思っております。(念願の、オリジナルのメイクパレットです。)

f:id:colorfulorganic:20190314141915j:plain

3月末発売、あるいはギリギリ4月に入ってしまうか?!というところです。
リリースまであと少し、準備を整えてまいりたいと思います!

 

 

WEB SHOPはこちら

colorfulorganic.stores.jp