色を愛する

本質派コスメ カラフルオーガニック代表のつぶやき

画材コスメ~コスメの原型であり最終形~

f:id:colorfulorganic:20180425195306j:plain

先月、真珠のアイカラー を発売しました。全12色、2,300円(税込)。

 

使用原料は、マイカ(雲母)を主成分とし、酸化鉄などでコーティングすることでいろいろな色を表現しているミネラル原料で、オーガニックコスメには欠かせない色材。

さらに、ここに愛媛県産の真珠の粉を配合し、発色をより明るく綺麗にしています。

 

このアイカラーの特徴は、なんといっても「パウダー状」だということ。一般的に販売されている口紅も固形のアイカラーもチークも、オーガニックコスメの場合、このパウダーがベースになっています。一般的にはアイカラーは市場に出回っているものは、固形のものがほとんどなのですが、固形にするということは、すなわち成形や崩れにくさに気を遣う必要が出てきます。ですので、固形にするためのオイルやワックスに加え、オイルの防腐剤、ダマになりにくくするための成分など、使用する原料がどんどん増えていくことになり、全成分表示は長~くなり、「シンプル」からは遠ざかることになります。

 

 ですので、「粉」は、最もシンプルな形、コスメの原型であり最終形である、ということが言えるのです。ここに辿り着きたかった人、いるのではないでしょうか?
固形になる前の原料ですよ?萌えませんか?

f:id:colorfulorganic:20180508144731j:plain

 

この「究極の形」であるパウダーを、自在に操ってメイクを楽しんで欲しいな、と開発したのが、この商品です。
 単色で使ってもいいですし、アイカラー同士を何色か混ぜてオリジナルカラーを生み出すのは、本当に楽しい作業です。お店で「自分に合う色を探す」のではなく、「自分に合う色を作る」ことができるのです。また、このパウダーを「色材」として考えていただいて、お手持ちの口紅に混ぜたり、チークに混ぜたり、といった使い方も、ぜひやってみていただきたいです。とにかく、パウダーは「混ぜる」という点において、最高かつ最適な形状なのです。


 実際、プロのメイクさんは、口紅を一度溶かして数色混ぜたり、アイカラーをあえて割って粉にして数色混ぜて、また固形に戻している方もいらっしゃいますよね。やはりここが最終形なのです。

 この真珠のアイカラーも、さっそくファッションコンサルタントさんからのご発注をいただいております(魅力スケールアップコンサルタント わかつきまこさん)。ぜひクライアントさんにぴったりの色、生み出していただけたらな、と思います。さらに筆とパレットもセットに・・・と考えていたのですが、現在のところパレットの良い素材が見つかってないので、この計画の実現は少し先になりそうです。

f:id:colorfulorganic:20180508144510j:plain

フタをあけると、さらに中フタがあって、パウダーがこぼれない仕様になっています。

使うときは、手の平またはティッシュの上に振り出してお使いいただけます。

f:id:colorfulorganic:20180508145101j:plain

外箱は、こだわりの金箔を使っています。もともとのロゴから着想を得て、宝石をイメージしたデザインです(デザイン 株式会社アールスケッチ)。

f:id:colorfulorganic:20180508144855j:plain

色名は、天面に記載しています。この眺めもなかなかです。

印刷会社さんは、本当に丁寧な作業をしてくださるところが見つかって、このパッケージが実現しました。印刷会社さん、アールスケッチさん、ありがとうございます。

 

 このアイカラーのもうひとつの特徴は、

真珠粉(キラキラするパールパウダーではありません、本物の真珠を削った粉です)が、配合されている点です。

真珠粉は、日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、中国では古来より美容成分、そして漢方成分として大変貴重で有名なものです。次の記事では真珠粉のお話をしたいと思います。