色を愛する

本質派コスメ カラフルオーガニック代表のつぶやき

化粧品のアスベスト・タルク問題

ニトリさんの家具がアスベスト含有で商品回収、というニュースが2,3日前に出ていましたね。

ニトリ けいそう土のバスマットなどにアスベストか 回収へ | NHKニュース

アスベストは、以前、化粧品でも問題になったことがある物質です。ベビーパウダーの件が有名ですね。

 

そして調べてみると、今年3月、キッズ用コスメでこのようなニュースです。

子ども向け化粧品にアスベスト混入!? 米アマゾンやイーベイで販売停止後も日本で継続 | アジアプレス・ネットワーク

f:id:colorfulorganic:20201226122713j:plain

 

カラフルオーガニックでは、普段からお子様向け化粧品のお問合せを多くいただくのですが、このようなニュースは本当に無視できません。

 

化粧品配合成分としては、アスベスト石綿)ではなく、タルク(滑石)が表示されていることが多いのですが、タルク(滑石)は、発ガン性の認められている「アスベスト」(石綿)と化学組成は同じ。鉱脈が近いことから、採掘時の混入を避けることが難しいとされています。

 

化粧品の業界団体はアスベスト・フリーのタルクを用いるよう呼びかけているようですが、実際に実行するための政府による規制は作られていない現状です。

 

タルクは、とても軟らかい鉱物で、とても微細でさらさら感やすべすべ感が出せる原料。だからこそ、現在も、多くの化粧品メーカーが「タルク」を使用した化粧品を販売しています。イカラーやチークのベースとして、またはミネラルファンデーションのベースとして。「安全」「自然」を謳っているメーカーさんもです。なぜ使うかというと、使う側が、「のびがい」「パウダーが綺麗に乗る」「さらさらになる」みたいなメリットを感じることができるからなのですね。

 

 ただ、先ほど書いたように、規制する法律はない状態なので、タルクは安全性が非常に曖昧な状態で使われ続けていて、今回のニトリさんのように、何かのきっかけでアスベストが検出されれば、昨日まで普通に売られていた商品であっても、一夜にして回収対象となってしまうような商品も、実はたくさんあるわけなのです。

 

一般消費者にはそのタルクが本当にアスベスト・フリーなのか確認する手立てがないわけなので、そういった関しては、自らがしっかり情報を得て、判断していきたいですね。

 

関連ニュース

シャネルなど主要化粧品メーカー、一部製品にタルクの使用中止 | ロイター

 

 

 

【天然原料にこだわったカラフルなオーガニックコスメはこちら】

カラフルオーガニックColorful Organic®

 カラフルオーガニックでは、カラーメイクのベース原料にも非常にこだわっており、ホワイトカオリン、または真珠粉を使用しています。