色を愛する

本質派コスメ カラフルオーガニック代表のつぶやき

遠赤外線の育成光線と我が家の鳥さん

今日は、わたしが愛してやまない、遠赤外線の暖房器について書きたいと思います。

 

その名も「サンラメラ」。愛用して4年目です。

この暖房器具は「育成光線」を放出しているというのが最大の特徴で、その放出量も非常に多く、とにかく心地よく暖まる、というのが愛用の理由です。

 

【育成光線について】

遠赤外線の中でも特に6~14ミクロンの波長は「育成光線」と呼ばれていて、生体の代謝、成長、育成にかかせないエネルギーが集中している重要な波長だと言われています。人間の波長は、健康な人で6~8ミクロンだといわれていますので、なので6~14ミクロンの育成光線は、人間ともっとも共振現象を起しやすい波長と言えます。からだの内部に吸収された育成光線のエネルギーはやがて熱に変わり、その熱が血液などによってからだの深部まで効率よく伝えられます。その熱によって血液の循環がよくなり、からだが温まるだけではなく、新陳代謝も促進されていきます。

 

1台目を購入して4回目の冬。
今年の冬は、我が家には鳥さん(セキセイインコ2羽)がいます。
セキセイインコは、寒さによって体調を崩したり命を落としてしまうことも多いので、とにかく冬場の保温は絶対です(25℃以上)。ペット用の小さな小さなヒーターも売られていて、みなさん工夫されていますが、我が家は、今年の秋から、セキセイインコさんのお部屋に、この育成光線を出すサンラメラを置いていました。

f:id:colorfulorganic:20181203102401j:plain

 

サンラメラは、温風が出ないので乾燥も最小限ですし、お部屋全体がじんわりとポカポカ、心地よい温まり方をします。マンションですと、もう充分過ぎる暖まり方です。

ホコリやカビを舞いあげることもなく、我が家の娘も、アトピー体質でしたので、その点でも安心です。

 

驚きだったのは、鼻水の出やすい体質のコの鼻水が止まったことです。

春~夏の間はほぼずっと出ていて、病院でお薬をもらったりもしていましたが、10月になって、サンラメラを使い始めたら、鼻水が出なくなったのです。また換羽の時期(古い羽が抜けて新しい羽が生えてくる、非常に栄養と体力が必要となる時期です)も、とても元気に乗り切ることができました。

 

2羽がとても調子がいいので、このままサンラメラは2羽のために使ってあげたくて、

人間用のサンラメラをもう1台を検討・・・そして購入しました!

 

我が家ではピアノ室(鳥さん2羽&娘)に1台(600w)で、隣接するリビングまでじんわり暖かい。そしてもう1台(600w)は寝室に置いていますが、こちらはもっと寒くなってきたら、日中はリビングに持ってきたりもするでしょう。キャスターがついているので、移動も便利です。

 

f:id:colorfulorganic:20181203102404j:plain

冬場のセキセイさんの保温(暖房)には本当に神経を使いますので、育成光線で鳥さんの健康をサポートしてくれるサンラメラは、本当に最適だと思います。もちろん人間にも最適なのは、今までの3回の冬で体験済。

 

人間にも、鳥さんなど、一緒に暮らす動物さんにも。

身体によい暖房器具をお探しの方には、強くオススメしたいです。


詳細知りたい方は、こちら ご覧になってみてくださいね。

「ライバルは太陽」だとか書いてありますが(笑)、
でも実際、本当にそうだなぁと思いますよ。

 

注)回し者ではありません笑 
  サンラメラのファンとして記事を書かせていただきました。