色を愛する

本質派コスメ カラフルオーガニック代表のつぶやき

126種類の色から選ぶオーダーのドレス①

今月末の娘のピアノの本番に向けて、ドレスを探していたものの、

「ふわふわしすぎ」
「段々はヤダ」
「キラキラしすぎ」
「シワシワ」
「色味がうすい」
「肩紐が細い」

とにかく娘が口うるさくて、ドレスが決まりません。
まぁわからなくもないんですけどね。

どうせ気に入るのがないのなら、3,000円のにしちゃう?
いや、でも今年はソロの他に、ヴァイオリンとチェロとのアンサンブルもあるし、

それに今年は、色々あって精神的に目覚めた年でもあったので、ちょっと特別感ほしいよね、とかいろいろ想いはあったんでですよね。。。

 

というようなことをFBでつぶやいたところ、オーダーでドレスを作ってくれるところがあることを、知り合いの方が教えてくださって、M嬢のドレスをオーダーすることにしました。


オーダーというと、べらぼうな価格を想像していたので、予算内の価格と、デザイン・色の豊富さ、そしてセンスよくオシャレなデザインにびっくり!
 

一昨日昨日と、終日ずっと色とデザインの相談でした。

娘が思う「曲のイメージの色」で、似合う色で、ステージで白く飛ばない色で、後ろのコとかぶらない色、ということで、「だいたいこのカラー」というのは決まっていました。
HPの「制作事例」の中に、娘と私が一目惚れしたドレスがあり、そのドレスの生地の色味を少しだけ変更する形にしたのですが、その色がなかなか決まらない。

 
私としては、色選びでの妥協はあり得ないので、とにかく納得のいくまで質問し、写真もいっぱい送っていただいて。お店の方も私のあまりのこだわりに苦笑!という感じでしたが、わたしが嫌がらせやクレーマーなどではなく(笑)、本気で色を選んでいることをわかってくださって、真剣に対応してくださいました。
自分でもリサーチしたり妄想したりして、昨夜20時、ようやく色と生地、決定しました。

サテン地の見本でこれだけ送っていただきました。

f:id:colorfulorganic:20181205100607j:plain

サテン地の見本

ドレス探しは、実は一昨日から猛烈に始めていて、その夜などは、ずっと生地と色が頭の周りをチラチラしていて、眠ったような眠っていないような感じでした。ようやく色が決まりドレス48時間プロジェクトが完了した昨夜は、深~い眠りにつくことができ、今朝は小学校の登校班の見守当番に寝坊しそうなくらいでした。それほど、色選びと生地選びにエネルギーを使ったのでした(笑)。本望ですけどね。

 
子ども用のドレスって、本当に種類が少なくて、どれも似たり寄ったり。正直、センスいいな、オシャレだな、と感じるものに出会ったこともなくて。なんだかなぁと思いつつ仕方なく選ぶ、という感じで数年間ずっと悩んでいたので、手の届く価格帯でのオーダーを知ることができたことは、ものすごい収穫でした。
 

今回の色選び、ちょっと冒険しましが、出来上がりが凄く楽しみです。