色を愛する

本質派コスメ カラフルオーガニック代表のつぶやき

クレンジングと合成界面活性剤

今年は長く楽しめた桜。舞い散る花びらを堪能したあとは、いよいよ新緑の季節になりますね。花粉のほか、気温の変化の大きいこの時期は、お肌の調子も安定しない方も多いのではないでしょうか。

 

この時期に特に大切にしていのが「保湿」です。

保湿によって、お肌のバリア機能を健やかに保ち、そのことによって、花粉や空気汚染物質など異物を皮膚の中に通さない、すなわち、安定して調子のいいお肌をキープできる、ということなんですね。

そのためには、保湿効果の高いスキンケアをお使いになることはもちろん、この記事hでは「クレンジング」に注目していただきたいと思います。

なぜならクレンジング方法によっては、その後のスキンケアの効果が台無しになるほど、お肌が深刻なダメージを受けてしまうこともあるからです。

 

合成界面活性剤。

水と油など、本来なら混じることのない性質の異なる物質の「界面」に働きかけ、
二つを馴染ませ、混じり合うよう人工的に合成された物質。このような性質にプラスして、洗浄作用、乳化作用も有しているので、クレンジングや洗剤のほか、クリームや乳液にも使われています。

 

一般的なファンデーションを落とすためには、合成界面活性剤が必要です。ですが、合成界面活性剤は同時に、お肌にとって必要な皮脂も取り去り、バリア機能を崩してしまいます。それがお肌にとっては非常に深刻な問題となるのです。

具体的には、敏感肌、乾燥肌の促進、炎症の促進、紫外線の影響を受けやすくなる、老化の促進などです。皮脂のバリアで守られるべきところが剥き出しになってしまうので、当然といえば当然の結果ですよね。

 

保湿力の高い化粧水やクリームを使っていても、毎日クレンジングを繰り返すことで、日々、バリア機能が破壊されてしまいます。非常にもったいないことですね。オイルクレンジング、ミルククレンジングも、合成界面活性剤が入っているものが多いので注意が必要です。
 

理想は、そのようなクレンジング剤は使わないこと、すなわち、そのようなクレンジングを必要とするファンデーションを使わないことです。
 
そこで開発したのが、

クレイと真珠のファンデーション

f:id:colorfulorganic:20190408154205j:plain

極・真珠の美容ファンデーション 

f:id:colorfulorganic:20190408154312j:plain

どちらも、クレンジングがいらないばかりか、むしろお肌につけておいた方がお肌にいいという、ケアパウダーでもあります。もちろん天然成分100%。ゆえに、カバー力はルースパウダー程度ですが、お肌を明るく見せてくれる効果があります。

クレイは、炎症鎮静の作用もありますので、赤みや痒みが出やすい方に特にオススメです。ニキビでお悩み方にも。真珠の美容ファンデーションは、より明るさとなめらかさをお求めの方にオススメです。

 

 

この資本主義社会というのは、常に人々に「消費」をうながし、「もっともっと」と言ってきます。化粧品もその中のひとつです。この50年だけでも、ひとりの女性が1日に使うべき(とされている)アイテム数は、大幅に増えていますよね。それで、女性のお肌は、健やかで丈夫で美しいものになってきているのでしょうか?化粧品を使うことで、新しい悩みが増えて、別の新しいアイテムを追加して対応する、というパターンにはまってはいないか、振り返ってみたいですね。

 

基本の保湿アイテムもご紹介しておきますね。
お肌のバリア機能を健やかに整えることは、身体でいえば、「自然治癒力」「基礎免疫力」をアップすることと同じです。ここは何よりも先に、押さえておきたいですね。

 

天然成分100%で、保湿力の高い化粧水

ホーリーバジルの化粧水

f:id:colorfulorganic:20190408155630j:plain

リピート率no.1の美容オイル

生命の樹と真珠と椿のオイル

f:id:colorfulorganic:20190408155630j:plain

季節を問わず、通年お使いいただけます。どうぞお試しくださいね。

 

f:id:colorfulorganic:20190408160521j:plain