色を愛する

本質派コスメ カラフルオーガニック代表のつぶやき

ファンデーションの破壊力をブラック劇場でお楽しみください

もしアナタが、未開の地、あるいは女性たちが「化粧」ということを知らない地域に、

化粧品を流行らせようとするなら、どのアイテムから導入するのがいいと思いますか?
どのアイテムから投入すれば、一番、マーケットが大きくなり、一番たくさんの化粧品が売れると思いますか?化粧品会社のCEOになったつもりで考えてみてください。
 

わたしなら、迷わずこう答えます。

 

「ファンデーション」。
 

f:id:colorfulorganic:20190131163723j:plain

 

なぜか。説明しましょう。
極悪な化粧品会社のCEOになったつもりでシュミレーションしていきます~~♪
 


その土地の、まだ「化粧品」を知らない女性たちに向けて、
まず、ファンデーションを販売していきます。
ファンデーション、色が白く見えたり、お肌の粗が隠れて、一度塗って、それが普通になってくると、もう手放せなくなってきますよね。

ファンデーションを使うと、クレンジングが必要になります。

ファンデーション→クレンジング→ファンデーション→クレンジング
を繰り返すと、しばらくして、お肌が乾燥し、毛穴が開いてきます。
 
ここで、保湿スキンケアライン、化粧水、乳液、美容液、クリームのマーケットが一丁あがり!です。
さらに毛穴ケアのマーケットもできました!
 

さらに続けます。
 

毛穴が開いちゃったので、もうファンデーションはやめられません。
むしろ、よりカバー力のあるファンデーションや、汗でも崩れないファンデーションは、ますます女性達に受け入れられるようになり、それを落とすためのクレンジングも、強力なものが売れるようになります。
そうなると、女性達のお肌はますます乾燥が進み、一部には、「敏感肌」の女性も現われます。
 
は~い!新たに敏感肌のマーケット一丁あがり!

敏感肌のスキンケアシリーズも投入します。

 

さらに続けます。何年も何十年も使い続けた女性達の中には、敏感肌こそならなかったものの、「シミ」で悩む女性が出てきました。

(化粧品による色素沈着です)
 
は~い!ここで美白マーケット一丁あがり!
美白シリーズも投入します。

ついでに、日焼け止めも投入します~~~♪

 

このあたりで、ひとりの女性が使う化粧品アイテム数、月間で化粧品につぎ込む金額が、かなり膨らんでいる状態です。

 

それでも、もっともっと!もっと最新の!もっとすごい成分!
と、情報を伝えてくる美容雑誌やコスメ雑誌。
 

そして、赤ちゃんが生まれると、0歳から、保湿!日焼け止め!ということで、
ベビー用の保湿クリームと日焼け止めマーケットが一丁あがり!
 

その子だちが成長してまた、敏感肌マーケットに大貢献!

 

*****************************
 

ということで、ちょっとブラック劇場でしたが、
ファンデーションの破壊力を、イメージしていただけましたでしょうか。

 

わたし自身も、長い間、ニキビや敏感肌に悩み、「コスメジプシー」となって、この業界に微力ながら貢献してきました。。。
 「トラブルが多ければ多いほど、売上げが増える」という業界って、他にもたくさんありますけれども、そういう業界の商品選びは、慎重になりたいものです。
我々民(たみ)が、知恵を持たなければなりませんね。

 

 

※この話は、実は完全なるファンタジーではなくて、某国で私自身が実際に感じた感覚を元にして書いています。