色を愛する

本質派コスメ カラフルオーガニック代表のつぶやき

歴史を知らないままでは死ねない

学校で習う歴史というのは、
それが「唯一無二の真実」というわけではなくて、
数多く存在する歴史観、解釈の中のひとつである、
ということを、35年以上も生きてから知りました。


なぜ、最近「歴史」に注目しているかというと、
歴史は「進学に必要な教科のひとつ」ではなくて、
日本人が日本人であるために必要な、
「日本語」と同様に、大切なもの、日本人の魂だと思うからなのです。


教育の中で、どのような歴史観を教えていくか、
ということは、日本人が日本人であるために、
日本人が日本人として成長していくために、
非常に重要なことだと思うのですが、
やっぱりそこには「意図」が存在している。
それはどの国であってもそうです。


世の中の出来事、世界の出来事を考察するにしても、
歴史を知らなければ、その出来事を真に理解することはできません。
ネットニュースなど表面をなぞっていても、なんの考察も生まれませんし、
むしろ情報の溢れる現代では、
表面にとらわれて本質はどんどん見えにくくなっていきます。

日本はどうするべきか、自分はどう生きて行くべきか、
子どもをどう育てるべきか、
そういった命題へ、なんの示唆も与えてはくれません。


日本人として、歴史を知らないままでは死ねない。
人の親として、歴史を知らないままでは、育てられない。
事業者として、歴史を知らないままでは、活動できない。


そう思いました。

 

もちろん、学校でやるべき歴史はひととおりやりました。
でも丸暗記です。大学受験に向けて歴史の勉強をしていたとき、
違和感だらけでした。言葉にならないモヤモヤと「?」を抱えながら、
仕方ないので丸暗記に切り替えました。


今になって、その違和感の正体がようやくわかったのです。
長年の便秘が解消したかのようなすっきり感でした。
そして、力が湧いてくるような感覚でした。


言説は多数あります。
立場の数だけ史実も存在するのかもしれません。
しかし、どれを信じるのかは、個人の自由です。


わたしは自分の信じる歴史を、
子どもにも伝えていきたいし、わたし自身の人生の指針、
在り方の指針にもしていきたいと思っているのです。

 

f:id:colorfulorganic:20181014111751j:plain